LinkIconBackLinkIconHomeLinkIconNext




LinkIcon



           さまざまな種類の中から、 
           色、形、質感、耐久性、加工性、価格 等々のファクターを加味して選ぶ、ガーデン資材。 
           プロの意見も交えて、最適と思われる素材を見つけ出して下さい。 
           また、使用する素材によって、
           可能となるデザインも大きく変わりますから、
           最初にデザイン依頼をされる前に、およその目星を付けておくことも大切です。








ベースになる資材から、植栽する植物、オーナメントやアクセントまで・・・利用方法からメリット、デメリットなど 実践から得られる情報を掲載しております
まだ未完成ですが、皆様の庭づくりに役立てて頂けるよう 追加更新していきます



自然の風合いをいつまでも
ガーデン資材と言えば 煉瓦
というくらいポピュラーな素材
しかし、その種類と用途は様々
風合い、色、強度 など
見極めて利用することがポイント



贅沢 という楽しみ
古来から庭づくりに利用される
景石、組石、敷石、貼り石
産地も形状も強度も様々で
これほど魅力のある素材は
他にはないでしょう
歳を重ねて変わる表情もまた
贅沢のひとつです



天然素材にこだわる
木は腐る・・・という方が多いですが
それは 使い方次第です
メンテナンスの必要はありますが
加工性に富み、強度があり、
雰囲気抜群の 木材は
庭づくりにおいて
最高のパートナーです



施工性とデザイン性
駐車場のコンクリート舗装を始め
二次製品のコンクリートブロック
インターロッキングブロック
フェイク・ストーン(偽石)など
施工性が良く、安価な素材は
現代の庭づくりで幅広く
活躍してくれます






古典的であり・・現代的である
イスラム建築のムスクの青タイル
イタリアの・・・のモザイクタイル
古典的な場にも登場するタイルは
長年の風に耐えます
デザイン次第で、アンティーク調にも
シンプルモダンにも、アレンジが可能です

.






和の素材で庭を活かす
和瓦は、屋根材だけでなく
庭にも活用の幅を広げています
敷瓦を始め、和庭の作庭に
欠かせない素材のひとつです
タイルには無い魅力が光ります





土こそ原点 という考え
様々な素材の原点となる 土
土そのものを加工した素材が
技術の向上と共に増えています
三和土、しっくい、版築土塀など
古来の工法を模写するように
次世代の 土の利用 が
始まっています






耐震性を重視した構造材
地震によるブロック壁倒壊など
課題の多い耐震強度
Fitシリーズでは、
木パネルを特殊防水加工した
デザイン性に富んだ
ゲート、ウォールを開発しています



一緒に生活するつもりで選ぶ
木は、植えたその日から成長を続け
季節ごとに姿を変え
私たちの日常に 心地良い木陰と
心のゆとりを分けてくれます
家族の一員として 可愛がれる
そんな樹木を見つけてください






庭の魅力を引きだす脇役
大きな木は庭のシンボル・・・
茂みの灌木類は脇役です
でも、その脇役が
とっても重要なんです
魅力ある庭には必ずある
それが 灌木類です



四季を楽しみ癒される
花咲き乱れる・・・というよりも
緑の中にポツリポツリと咲く花
そんな雰囲気がいいですね
草花だけに限らず
花木やつる植物も上手に使って
心癒される庭をつくりましょう



自然を演出する術
宿根草は・・・植えた庭に根付き
毎年成長しながら
庭の魅力を高めてくれる
そんな素晴らしい植物です
宿根草を上手に利用出きれば
庭の出来栄えに差が付きます



水と光を演出する 素材
庭まわりのガラス素材では
一般的になったガラス表札。
そのほかにも、
素敵な演出を助けてくれるガラス。
友人のガラス作家に依頼して、
オリジナルな作品も
取り入れています。



錆びない魅力
オリジナルの立水栓周りや
表札、ポスト、灯具 等々
ステンレスのシャープな印象は
錆びつくことなく庭をひき立てます
オリジナルな部材も
特注加工で対応しています



金属の魅力
酸化した渋い真鍮色
錆が浮き出た鉄・・・
自然のままの色と風合いは
温かみのある演出と
遊び心ある庭の演出を
手伝ってくれます



加工性の高さで幅広く
軽くて、強い、そして錆びない
それが アルミニウムの特徴
現代では、あらゆるエクステリア資材が
アルミニウムで加工されています

ページの先頭へ

ページの先頭へ